東京工業大学無機材料工学科/材料工学専攻 安田研究室 English Japanese
since
トップページ
研究室理念
メンバー
研究テーマ
研究実績
研究設備
担当講義・公開講座
アクセス
関係者専用
バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

バルクセラミックス研究会


(正式名称)先進バルク材料とそのシステムの高信頼性化研究会(2017.4-)
(旧名称 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会 2014.4-2017.3, バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会 2011.4-2014.3)

1. 研究会の設立の目的

 我が国の産業競争力の中核をなしているバルク材料(メインをバルクセラミックスとしながらも,金属やポリマーを含めたバルク材料全般を対象とする)およびそれらを用いたシステムの製造時信頼性稼働時信頼性の革新のための議論の場を日本セラミックス協会に作ることを本研究会の目的とする.バルクセラミックスには,通常の粉体プロセスで作られるエンジニアリングセラミックスの他に,基板や積層コンデンサ等の機能性セラミックス,陶磁器,ガラス,耐火物,バイオセラミックスなども含まれる.また,薄膜/基板系の信頼性も対象とすることで,より有意義な議論も可能となる.これらの信頼性の革新のためには,企業,国研,大学の研究者が一同に会して,また,プロセス関係の研究者と評価関係の研究者が互いに協力しあって,バルクセラミックスの次世代基盤技術とその基礎科学について議論する必要がある.さらに,このような議論の中に,学生や若手研究者を巻き込んで,10年後のセラミックスを牽引していく若手世代の育成とネットワーク形成についても寄与したい.これらの活動のために,日本セラミックス協会の正式な研究会として,本研究会を設置した.
 なお,本研究会の活動においては,日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,日本学術振興会第124委員会からのご支援・ご協力を頂いている.
 また,研究討論の他に,日本ファインセラミックス協会と連携して,以下のような予備的なラウンドロビン試験も実施している
(1) IF法による圧子圧入破壊抵抗の評価法に関するラウンドロビン試験(主査:宮崎広行(産総研))
(2) 成形体の評価法に関するラウンドロビン試験(主査:田中諭(長岡技科大))


2. 研究会の構成

(1)代表 安田公一(東京工業大学)

(2)世話人(50音順)
 赤津隆(佐賀大),打越哲郎(物質・材料研究機構),榎本尚也(九州大学),大西宏司(ニッカトー),篠舞ラ夫(旭硝子),関野徹(大阪大学),多々見純一(横浜国大),田中諭(長岡技科大),平尾喜代司(産業技術総合研究所),光岡健(日本特殊陶業),武藤浩行(長岡技科大),安盛敦雄(東京理科大), 山田鈴弥(デンカ(株))

(3)参加機関  企業15社,3国研,15大学


3. 参考資料

日本セラミックス協会 『セラミックス』誌 vol.48, No.1, 特集 バルクセラミックスの信頼性革新 に多数の解説記事が掲載されている.


4. 研究会の開催日程

(1) 毎年3月頃 日本セラミックス協会年会サテライト講演会

(2) 毎年5月頃 討論会形式の研究会

(3) 毎年8月頃 バルクセラミックス若手セミナー

(4) 毎年9月頃 日本セラミックス協会秋季シンポジウム 応力・ひずみの観点からみるバルクセラミックスの材料プロセスと機能発現・信頼性の向上』オーガナイズドセッション

(5) 毎年12月頃 討論会形式の研究会

(6) 不定期 バルクセラミックス将来戦略懇談会 



参加者募集

バルクセラミックスの信頼性に関するワークショップ

主催:(1) 東京工業大学フロンティア材料研究所 共同利用研究 国内ワークショップ
共催:(2) 物質・デバイス共同研究拠点、人・環境と物質をつなぐイノベーション創出ダイナミック・アライアンス
(3) 日本セラミックス協会 バルクセラミックス研究会 (第24回研究会を兼ねる)


日時:  2018年11月30日(金)13:00 - 16:45
場所:  東京工業大学 田町キャンパス キャンパスイノベーションセンター 2階
     多目的室1 (〒108-0023 東京都港区芝浦3−3−6)
     JR山手線あるいは京浜東北線の田町駅から徒歩5分
     http://www.cictokyo.jp/access.html
参加費: 無料
対象: ご興味のある方は,どなたでも大歓迎です.ノーネクタイで結構です.


今回は,普段,他学会であまりお話を聞く機会のない物理系,化学系の先生を講師にお招きして,異分野間での意見交換,交流の場となればと思っております.お誘いあわせの上,ご参加頂くようお願い申し上げます.


招待講演
1.『酸化物半導体のマイクロ・ナノ構造を用いたランダムレーザーの開発』
   法政大学 理工学部 電気電子工学科 准教授 中村俊博 先生


2.『電子トラップ密度のエネルギー分布解析にもとづく金属酸化物粉末の同定と精密評価』(仮題)
   北海道大学 触媒科学研究所      教授 大谷文章 先生


懇親会 17時過ぎから実費負担の懇親会を予定しています


参加申し込み: 懇親会の参加の有無も含めて,11月28日(水)までに,安田までご連絡ください.
申込先:    東京工業大学 安田公一   kyasuda@ceram.titech.ac.jp
TEL: 03-5734-2526 FAX: 03-5734-3352





5. これまでの活動実績



(39)第23回 バルクセラミックス研究会
The 23th workshop on bulk ceramics

開催日: 2018年3月15日(木)
開催時間:  10:00〜12:00
開催場所:  東北大 川内北キャンパス B会場

主催: 日本セラミックス協会 先進バルク材料とそのシステムの高信頼性化研究会

協賛: 日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,日本学術振興会第124委員会,

開催内容: 日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,バルクセラミックス研究会を行った.参加者約**名

特別講演
 
『セラミックプロセスの観点でみたバルク/薄膜セラミックスの構造制御と機能発現』

篠崎和夫(東工大)

招待講演

1.『インデンテーション法の新展開:顕微インデンターの開発と実用化』

宮島達也(産総研)

2.『超高温MoSiBTiC合金の金属/セラミックス複合化デザインと材料特性』

吉見享祐(東北大学)

(38)第22回バルクセラミックス研究会
22th workshop on bulk ceramics
(International Union of Materials Research Societies - the 15th International Conference on Advanced Materials, B6 session: Advances in functions and reliability of ceramics and glasses based on structural formation を兼ねる)
開催日: 2017年8月28日(月)から29樋(火)
開催場所:京都大学 吉田キャンパス

主催: 日本セラミックス協会 先進バルク材料とそのシステムの高信頼性化研究会

開催内容: 他学協会との連携のプラットフォームとして,今回,急遽,IUMRS-ICAM2017でバルクセラミックスのセッションを開催し,第22回バルクセラミックス研究会を兼ねることにした.今回の講演者43名

プログラム(敬称略):

1. 招待講演

1.“Microstructure control of diamagnetic ceramics by a magnetic field”, Tohru S.SUZUKI (NIMS)

2.”Fabrication of crystal orientated ceramics by UV curable reaction under strong magnetic field”, Satoshi TANAKA (Nagaoka Univ.Tech.)

3.”Fabrication of Nanoporous Alumina Layer on Macroporous Alumina Substrate by Electrophoretic Deposition”, Tetsuo UCHIKOSHI (NIMS)

4.”Thermo-Chemical Properties of Y2SiO5 Environmental Barrier Coatings”, Byung-Koog JANG (NIMS)

5.”Element doping and microstructure modification for bioactive calcium silicate ceramic coatings”, Xuebin ZHENG (Shanghai Institute of Ceramics)

6.”Bio-process Inspired Fabrication for New Structures and Functions”, Zhengyi FU (Wuhan University of Technology)

7.”Air-based Sputtering Deposition of Transition Metal Oxide, Oxynitride, and Nitride Thin Films”, FU-HSING LU (National Chung Hsing University)

8.”Fabrication and Property of Mullite Whiskers Frameworks with an Ultrahigh Porosity”, Jianfeng YANG (Xian Jiaotong University)

9.” Development of Test Method for Flexural Strength of Ceramic Thin Plate”, Hiroyuki MIAYZAKI (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)

10.”Sintering of Ti(III)-doped ZrO2 Ceramics and Their Phase Development”, Tohru SEKINO (Osaka University)


2. 一般講演

11.”CeO2-incorporated hydroxyapatite coatings for osteoporotic bone regeneration”, Kai LI (Shanghai Institute of Ceramics)

12. “Morphology and Mechanical Behavior of Soft Porous Collagen - Hydroxyapatite Composite Used for Bone Tissue Engineering Scaffolds”, Autcharaporn SRION (National Metal and Materials Technology Center)

13.”Spark Plasma Sintering of Additive-free SiC Prepared by Polycarbosilane Precursor”, Ji Hwoan LEE (Yeungnam University)

14.” The effect of holding time on mechanical properties of bulk Mo2NiB2 with reaction boronizing sintering”, L. ZHANG (Xian Jiaotong University)

15.”Investigation of Mixed Alkali Effect of Na2O-K2O-SiO2 glasses by molecular dynamics simulation” Yuya YAMAMOTO (Muroran Institute of Technology)

16.”Effect of glass composition on photoluminescence characteristics of Eu3+ ions in alkali metal and alkaline earth metal silicate system”, Yuki KODAMA (Tokyo University of Science)

17.”Synthesis of TiO2 Coatings on Titanium Foil by Plasma Electrolytic Oxidation for Photocatalytic Applications”, Guan-Wei LIN (National Chung Hsing University)

18.”Fabrication of THz Antireflective Structures on Silicon Substrates by Femtosecond Laser”, Xi YU (Nagoya Institute of Technology)

19.”Linearity Fluctuation in Weibull Plot for Limited Number of Strength Data”, Kouichi YASUDA (Tokyo Institute of Technology)

20. “Creep Strength of the Joint Between a Solid Oxide Fuel Cell Glass-Ceramic Sealant and Interconnect Steel in a Reducing Environment”, Chih-Kuang LIN (National Central University)

21.”Quick and Precise Measurement of Crack Length for Assessing of Indentation Fracture Resistance of Ceramics through Coating a Visualizing Solution”, Hiroyuki MIYAZAKI (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)

22.“Refractive index matched glass with good thermal stability for the use of long-lasting phosphor SrAl2O4:Eu,Dy-glass composite”, Masaru YAMASHITA (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)

23.”Silica doped with Eu, V and R (R=Na+, K+, Rb+, Cs+) ions exhibiting red luminescence with near UV excitation”, Tomoko AKAI (National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)

ポスター発表
24.”The structure and microwave dielectric properties of glass-free Li2MoO4SiO2 ceramics”, Yuanming LAI(University of Electronic Science and Technology of China)

25.”Influence of Co2O3 additive on electromagnetic properties of NiCuZn-CCTO composites”, Xin HUANG (University of Electronic Science and Technology of China)

26.”Characteristics of TiNxOy Thin Films prepared by air-based sputtering”, Yu-Chen LIU (National Chung Hsing University)

27.”Study on micro-structure and intrinsic magnetic properties of Co2+, Sn4+ co-substituted hexagonal M-type Barium ferrite”, Yu WANG (UESTC)

28.”A study of the wear properties of FeS layer”, HyunJun PARK (KITECH)

29. “Evaluation of thermal structural change of soda-lime silicate glass using hyperspectral imaging and photoluminescence of Eu3+ ions”, Yuki TAKAYAMA (Tokyo University of Science)

30.”Effects of Pore-forming Agent on Morphologies and Photoluminescence Properties of Ca2Al2SiO7:Eu3+ Glassy Phosphors”, Shih-Heng LIN (National Taiwan University of Science and Technology)

31. “Octahedral Metal Cluster Film for UV-NIR Light Screening”, Ngan Thi Kim NGUYEN (Hokkaido University)

32.”Electrophoretic Deposition and Fixing of Natural Zeolite Particles on Metal Electrodes with Different Shapes”, Shigeo HAYASHI (Akita University)

33.”Effects of morphologies over TiN films on the hydrothermal-galvanic couple synthesis of strontium titanate thin films”, Huan-Ping TENG (National Chung Hsing University)

34.”Structure-Function of Vanadate-Borate Based Glasses As Cathode Materials for Li-ion Batterie”, PINIT KIDKHUNTHOD (Synchrotron Light Research Institute )

35.”Biomedical ceramic bonding coatings for surface modification on titanium alloy applied in dental metal- ceramic restorations”, Min-Chen TSAI (National Chung Hsing University)

36.”Surfactant-Free Synthesis of Mesoporous Bioactive Glass Using Spray Pyrolysis”, Bo-Jiang HONG (National Taiwan University of Science and Technology)

37.”Preparation of Mn2+-Cu+ Co-Doped P2O5-ZnO-Al2O3 Glasses and Their Red Fluorescence Properties”, Noriyuki WADA (National Institute of Technology, Suzuka College)

38.”Effect of non-oxide additives on the thermal and mechanical properties of silicon nitride”, Hwan Soo DOW (Korea Institute of Ceramic Engineering and Technology)

39. “Incubation time for compound layer formation during gaseous nitriding of iron-based alloys; effect of alloying elements”, Minsu JUNG (Korea Institute of Industrial Technology)

40.”Structure and transport properties of all-halide superionic glasses: A molecular dynamics study”, Shigeki MATSUNAGA (National Institute of Technology, Nagaoka College)

41. “Molecular Dynamics Study of the Structure and Transport Properties of Molten Li2SO4-Na2SO4 System”, Shigeki MATSUNAGA (National Institute of Technology, Nagaoka College)

42.”Corrosion in Reinforced Concrete with Mine waste as Mineral Additive”, Griselda SANTIAGO (University Coahuila Autonomus Campus Torreon)

43. “Carbonation Study in Concrete Made with Waste of the Mining Industry”, Griselda SANTIAGO (University Coahuila Autonomus Campus Torreon)

44.”Synthesis of functionalized mesoporous bioactive glass and application for bone tissue regeneration”, Juti Rani DEKA (National Taipei University of Technology)

45.”Synthesis and Characteristics of Iron and Zinc Doped Tricalcium Phosphate”, Fang-Yu TSAI (National Taipei University of Technology)

46.”Phase Formation and Thermo-physical Properties of Lanthanum-Gadolinium Zirconate Ceramics with Reduced Rare-earth Contents for Thermal Barrier Coatings”, Hyung-Tae KIM (Korea Institute of Ceramic Engineering and Technology)



(37)第6回バルクセラミックス若手セミナー(第21回バルクセラミックス研究会)
6th Bulk Ceramics Young Seminar
(東工大応セラ研国内ワークショップ:バルクセラミックスの信頼性に関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2017年9月7日(木)- 9日(土)
開催時間:  13時から    12時まで
開催場所: ハートピア熱海

主催: 日本セラミックス協会 先進バルク材料とそのシステムの高信頼性化研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
東工大応セラ研国内ワークショップ バルクセラミックスの信頼性に関するワークショップ

開催内容: ガラス,耐火物,陶磁器,バイオセラミックス,エンジニアリングセラミックス,粉体プロセスで作られる機能性セラミックスなどのバルクセラミックスの研究開発をしている学生や若手研究者の切磋琢磨の場として,本セミナーを開催致します.今回は,研究開発の第一線でご活躍の企業の研究者による特別講演,そして,セラミックス大学の講師経験者の基礎講義の他に,このセミナーの最大の特徴であるフリートークを企画しています.これは.若手の参加者の内,希望者に自分の研究内容を話してもらって,それをみんなで議論するというものです. 盛りだくさんの内容ですが、このセミナーの中で、多くのことを学び,また,同世代のネットワークを作ってもらえればと思っています.今回の参加者20名

プログラム(敬称略):

1. 特別講演

特別講演1 『成形と焼結』 篠原 伸広(旭硝子)
特別講演2 『噴霧乾燥による粒子設計』 根本 源太郎(大川原化工機)
特別講演3 『よくわかる!粉体・混相流シミュレーションの最先端技術』 酒井 幹夫(東京大学)

2. 一般講義

1.『微構造制御に立脚した高性能セラミックスの開発』 煖エ 拓実(神奈川県立産業技術総合研究所)
2.『気相法とレーザープロセスを活用したセラミックスコーティング』 伊藤 暁彦(横浜国立大学)
3.『酸炭化物セラミックスの新展開:耐火物から機能性材料へ』 小林 亮太 (東京都市大学)
4.『水熱合成法によるリン酸カルシウムの結晶形態の制御』 後藤 知代(大阪大学)
5. 『複合材料構造設計のための微粒子分散・集合状態の制御技術』 飯島 志行(横浜国立大学)
6. 『成形体の不均一構造に由来する不均一な緻密化挙動』 本堂 剛(長岡技術科学大学)
7.『界面トポロジーによる焼結段階の分類』  大熊 学(東京工業大学)
8.『多結晶ニオブ酸タンタル酸カリウムの合成と配向』 小野 悠綺(長岡技術科学大学)
9. 『化学気相析出法によるハフニア厚膜の高速合成』  松本 昭源 (横浜国立大学)
10.『柱状晶組織を有する配向性マグネシア膜の気相合成』 伊海 雅和 (横浜国立大学)
11.『光硬化反応を利用した配向焼結体の作製』 馬場 翔子(長岡技術科学大学
12.『非水系で粒子集合構造が制御されたSi系湿式成形体のポスト反応焼結挙動』 森田 聖太郎(横浜国立大学)
   

(36)第20回 バルクセラミックス研究会
The 20th workshop on bulk ceramics

開催日: 2017年6月17日(土)
開催時間:  13:00〜17:00
開催場所:  東工大 大岡山キャンパス

主催: 日本セラミックス協会 先進バルク材料とそのシステムの高信頼性化研究会

開催内容: 討論会形式のバルクセラミックス研究会を行った.参加者約15名

招待講演(敬称略):

1. 『『MoSiB基合金の機械的性質に及ぼすTiC添加の効果 (ガスタービンやジェットエンジン用の新しい合金組成の組織最適化と高温強度の向上)』吉見 享祐(東北大学)

2. 一方向強化複合材料横引張強度の温度時間依存性 (有限要素法などの数値シミュレーションの活用事例)』小柳 潤(東京理科大)



(35)第19回 バルクセラミックス研究会
The 19th workshop on bulk ceramics

開催日: 2017年3月17日(金)
開催時間:  10:00〜12:00
開催場所:  日本大学 駿河台キャンパス H会場

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

協賛: 日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,日本学術振興会第124委員会,

開催内容: 日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,バルクセラミックス研究会を行った.参加者約60名

特別講演(敬称略)
   
『次世代セラミックス製品の開発戦略 ―デンカの窒化物系製品の開発経緯―』伊吹山正浩(デンカ(株))

招待講演(敬称略):

1. 『『航空機用ガスタービンエンジン用セラミックス部材の開発状況』張 炳國 (物材機構)

2. 『分散剤の構成要素・設計の視点:何に着目して設計されているか』若原章博(ビックケミー・ジャパン(株))



(34)第18回バルクセラミックス研究会
18th workshop on bulk ceramics
(MRS-J年次大会D1セッション”セラミックスおよびガラス材料の構造形成に基づく材料特性信頼性の向上”を兼ねる)
開催日: 2016年12月20日(火)- 21日(水)
開催場所: 横浜 万国橋会議センター 401室

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

開催内容: 他学協会との連携のプラットフォームとして,今回,急遽,MRS-J年次大会でバルクセラミックスのセッションを開催し,第18回バルクセラミックス研究会を兼ねることにした.今回の参加者約40名

プログラム(敬称略):

1. 招待講演

『複合アニオン化合物の高温高圧合成』勝又 哲裕(東海大)

『(3-グリシドキシプロピル)トリメトキシシランを用いた注入可能な自己硬化型水酸アパタイト/コラーゲン骨類似ナノ複合体ペースト』菊池 正紀(物材機構)

『中空シリカナノ粒子の微構造制御とその応用』高井 千加(名工大)

『高性能吸着剤を目指した天然ゼオライトの巨視的・微視的構造制御』林 滋生(秋田大)

『Ni3(Al, V)合金の相分離における状態変化』谷村 誠(横浜国大)

『蛍光X線分析法による多層膜の非破壊膜厚測定と層内部構造』大柿 真毅(日立ハイテクサイエンス)

『ムライト-Si-SiC耐環境コーティングシステムの高温におけるひずみ分布計測』井上 遼(東京理科大)

『クロムをドープしたルチル型酸化チタンからの近赤外発光』黒木 雄一郎(サレジオ高専)

『高熱伝導窒化物セラミックスとサイアロン蛍光体』伊吹山 正浩(デンカ)

『酸化物薄膜の抵抗スイッチングと伝導度の量子化』塩田 忠 (東工大)

『粘土ナノシートを電解質に用いた全固体薄膜リチウムイオン電池の形成と評価』鈴木 真也(東大)

『コンビナトリアルウェットプロセスによる機能性セラミックス探索に対する問題と挑戦』藤本 憲次郎(東京理科大)<

『強磁場を用いたバルクセラミックスにおける微構造制御』鈴木 達(物材機構)

『ポスト反応焼結法を用いたSi3N4セラミックスのプロセッシングに向けた非水・多成分・濃厚系スラリーの分散制御』飯島 志行(横浜国大)

『混和材料を用いたセメント・コンクリートの環境負荷低減』新 大軌(島根大)

『イットリアの低温SPSにおけるドーピング効果』吉田 英弘(物材機構)

『熱処理・焼結中における熱分析と熱物性評価』塚本 修(ネッチジャパン)

2.一般講演

『天然資源を用いたモルデナイトの人工合成とセシウムおよび重金属の吸着評価』國本 太歩(愛媛大)

『高濃度ニオブドープ酸化チタンの可視光応答光触媒特性』米澤 朋典(法政大)

『Ag部分置換Y型ゼオライト蛍光体の作製と共存イオンの蛍光特性への影響』神田 康孝(愛媛大)

『モノエタノールアミンと水酸化アルミニウムゲルのソルボサーマル反応による青色の蛍光を有するナノベーマイトの作製』太田 康博(名工大)

『8面体モリブデンクラスターと中空シリカにより形成される蛍光ナノ粒子コンポジットの作製とキャラクタリゼーション』グェン ンガン(北大)


『CuO-TiO2-Nb2O5助剤添加アルミナセラミックスの低温焼結挙動及びマイクロ波誘電特性』茂野 交市(宇部高専))


『多孔質セラミックス強度データのワイブルプロットにおける線形性についての数値解析』安田 公一(東工大)



(33)第6回 バルクセラミックス将来戦略懇談会
The 6th informal meeting on future strategy of bulk ceramics

開催日: 2016年12月10日(土)
開催時間: 13:30~17:00
開催場所: 東京工業大学 大岡山キャンパス 南7号館202講義室

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

開催内容: 企業,国研,大学の研究者にお集まり頂いて,バルクセラミックスの将来戦略について討論をする.参加者約10名



(32)第5回バルクセラミックス若手セミナー
5th Bulk Ceramics Young Seminar
(東工大応セラ研国内ワークショップ:バルクセラミックスの信頼性に関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2016年9月22日(木)- 24日(土)
開催時間:     13時から   12時まで
開催場所: かんぽの宿 岐阜羽島

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
東工大応セラ研国内ワークショップ バルクセラミックスの信頼性に関するワークショップ

開催内容: ガラス,耐火物,陶磁器,バイオセラミックス,エンジニアリングセラミックス,粉体プロセスで作られる機能性セラミックスなどのバルクセラミックスの研究開発をしている学生や若手研究者の切磋琢磨の場として,本セミナーを開催致します.今回は,研究開発の第一線でご活躍の企業の研究者による特別講演,そして,セラミックス大学の講師経験者の基礎講義の他に,このセミナーの最大の特徴であるフリートークを企画しています.これは.若手の参加者の内,希望者に自分の研究内容を話してもらって,それをみんなで議論するというものです. 盛りだくさんの内容ですが、このセミナーの中で、多くのことを学び,また,同世代のネットワークを作ってもらえればと思っています.今回の参加者22名

プログラム(敬称略):

1. 特別講演

『セラミックス材料開発と製品化への取り組み』 光岡 健(日本特殊陶業)

2. 基礎講義

『成形と焼結』 篠原伸広(旭硝子)

『セラミックスの熱・機械的性質』本多沢雄(名工大)

『Multifunctional ceramics薄膜-基板系設計』 横田壮司(名工大) 

『成形体・焼結体構造の評価』 田中 諭 (長岡技科大)

『粉体の新しい表面修飾と機能性』 武藤浩行(豊橋技科大)

『機能性微粒子の分散と集合構造制御のための表面修飾』 飯島志行 (横浜国大)

『マイクロカンチレバー法による材料の評価』 多々見純一(横浜国大)

『改良された圧子圧入(IF)法による破壊抵抗測定法の国際標準化』 宮崎広行(産総研)

『セラミックスのバイオテクノロジー応用戦略』 関野 徹(大阪大)

3.フリートーク

『遠心成形法で作製した成形体の粒子充填構造』佐藤 暁洋(長岡技科大)

『磁場中成形を用いたSi3N4セラミックスの配向性と特性に及ぼす多層グラフェン被覆複合粒子の影響』佐渡万里子(横浜国大)

『顆粒プレス成形における 不均一構造生成とメカニズムの解明』澁谷 竜明(長岡技科大)

『ニオブ酸系圧電体の磁場配向と高特性化』小野 悠綺(長岡技科大) 

『光硬化反応を利用した高磁場配向成形法の開発』馬場 翔子(長岡技科大) 
 
『ゾルゲル法による前駆体合成と還元窒化法による窒化ケイ素繊維の合成』馬場 創太郎(大阪大学)
 
『多層グラフェン被覆したガラスファイバーの低磁場配向』高橋 拓実 (神奈川科学技術アカデミー)
 
『高磁場配向による光機能性多結晶Ba2NaNb5O15の開発』加茂雄大(長岡技科大) 
 

   
(31) 2016年日本セラミックス協会秋季シンポジウム『応力・ひずみの観点からみるバルクセラミックスの材料プロセスと機能発現・信頼性の向上』オーガナイズドセッション


開催日   2016年9月8日から9日
開催場所  広島大

オーガナイザー: 安田公一(東工大),安盛敦勇(東理大),田中諭(長岡技科大), 宇尾基弘(東京医歯大), 榎本尚也(有明高専), 打越哲郎(物材機構)
開催内容: 以下の招待講演8件の他に,一般講演10件を実施した.

招待講演

1.『エントロピー弾性を示す酸化物ガラス』
    稲葉 誠二(旭硝子))
2.『電気化学圧子圧入法を用いたクリープ解析に基づくリン酸塩ガラスへのH+注入ダイナミクス評価』
    大幸 裕介(名古屋工業大学)
3.『Caustics法による熱強化ガラスのクラック分岐現象観察』
    荒谷 眞一(GMS研究所)
4.『スマート・デンタル・マテリアル スマート材料・構造の歯科応用』
   浜田 賢一(徳島大学))
5.『Y2Si2O7ーSiCナノコンポジットの機械的特性と自己治癒機能』
   中山 忠親(長岡技術科学大学)
6.『スラリーの流動特性とセラミックス製造への応用』
    高橋 勉(長岡技術科学大学)
7.『セラミックスボールを組み込んだ玉軸受の総合的性能評価』
    野口 昭治(東京理科大学)
8.『窒化物セラミックスのトライボルミネッセンス』
    多々見 純一(横浜国立大学)



(30)第5回 バルクセラミックス将来戦略懇談会
The 5th informal meeting on future strategy of bulk ceramics

開催日: 2016年7月16日(土)
開催時間:13:00~17:00
開催場所: 東京工業大学 大岡山キャンパス 南7号館202講義室

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

開催内容: 企業,国研,大学の研究者にお集まり頂いて,バルクセラミックスの将来戦略について討論をする.参加者約24名



(29)第17回 バルクセラミックス研究会
The 17h workshop on bulk ceramics
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2016年6月11日(土)
開催時間: 13:25〜17:00
開催場所: デンカ(株) デンカイノベーションセンター 先進技術研究所

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

共催
粉体工学会粉体材料設計研究会
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.招待講演は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者40名

招待講演(敬称略):

1. 『LED用酸窒化物蛍光体の開発』
    山田鈴弥(デンカ(株))
 
2.『非酸化物系バルクセラミックスの新しい光学機能― 透明性,蛍光発光,摩擦発光とその応用 ―』
   多々見純一1,高橋拓実2,飯島志行1(1横浜国大, 2KAST)



(28)第16回 バルクセラミックス研究会
The 16th workshop on bulk ceramics

開催日: 2016年3月14日(月)
開催時間:  9:30〜12:00
開催場所:  早稲田大学 西早稲田キャンパス C会場

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックス研究会

協賛: 日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,日本学術振興会第124委員会,

開催内容: 日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,バルクセラミックス研究会を行った.参加者約85名(19企業,5国研,16大学)

特別講演(敬称略)
   
『強磁場を利用したセラミック配向体の作製とその特性』目 義雄(物質材料研究機構)

招待講演(敬称略):

1. 『『擬ブルッカイト系セラミックスの新しい可能性:多孔体からSPS焼結体まで』鈴木義和(筑波大)

2. 『パワーモジュール用セラミック部品の開発と信頼性評価について』平尾喜与志(産総研)

3.『バルクガラスの結晶化による新機能創出の可能性について』前田 敬(旭硝子)



(27)第15回バルクセラミックス研究会
15th workshop on bulk ceramics
(MRS-J年次大会E3セッション”セラミックスおよびガラス材料の構造形成に基づく材料特性信頼性の向上”を兼ねる)
開催日: 2015年12月8日(火)- 9日(水)
開催場所: 横浜市開港記念会館,波止場会館

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

開催内容: 他学協会との連携のプラットフォームとして,今回,急遽,MRS-J年次大会でバルクセラミックスのセッションを開催し,第15回バルクセラミックス研究会を兼ねることにした.今回の参加者約25名

プログラム(敬称略):

1. 招待講演

『アルミナセラミックスの焼結途中における粗大欠陥発達』田中 諭, 本堂 剛, 加藤善二, 安田公一, 若井史博(長岡技術科学大学大学院, 東京工業大学大学院材料工学専攻,東京工業大学応用セラミックス研究所)

『高特性窒化ケイ素系セラミックス』西村聡之, 広崎尚登(物質・材料研究機構)

『放電プラズマ焼結されたアルミナーシリカ添加炭化ケイ素中のムライト配向組織に及ぼす電場の効果』篠田豊, 鈴木義和, 吉田克己(東京工業大学 応用セラミックス研究所, 筑波大学 物質工学域, 東京工業大学原子炉工学研究所)

『レーザー局所加熱を用いたガラス液滴の形状制御による微小球状光共振器の作製』岸 哲生, 熊谷 俸, 天笠友洋, 矢野哲司(東京工業大学)

『トポタクティック変態を利用した配向バルク酸化鉄の作製』打越哲郎, 鈴木 達, 目 義雄(物質・材料研究機構)

『高熱伝導性を持つ窒化物セラミックスの低温焼結と組織制御』小林亮太(東京都市大学工学部)

『歯科用ジルコニアセラミックスの信頼性 機械的特性と微細構造 』宇尾基弘, 和田敬広, 田中 諭, 和田健(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科, 東京大学大院工学系研究科, 長岡科学技術大学物質材料工学専攻, 高エネルギー加速器研究機構物質構造科学研究所)

『マイクロカンチレバー試験片を用いて測定したセラミックスとガラスの局所領域の機械的特性』多々見純一, 矢矧束穂, 高橋拓実, 飯島志行(横浜国立大学, 神奈川科学技術アカデミー)

『セラミックスナノシート複合型ナノハイプリッドフィルムの三次元構造設計』中山忠親, 趙 洪栢, アウレコエチェアジョン, アジビルゲインジゴール, チョイジルバーサンダシユリ, トライフォフレニサンアート, 末松久幸, 鈴木常生, 新原皓一(長岡技術科学大学, 漢陽大学, モンドラゴン大学, モンゴル科学技術大学, チュラロンコン大学)

『A1203~Nb封着の信頼性に及ぼすガラスフリット内部微構造の影響』本間卓也, 鎌田博士, 多々見純一(東芝ライテック株式会社研究開発センター, 横浜国立大学大学院環境情報学府)

『MoO3を添加したMgO Al2O3 SiO2ガラスの結晶化挙動』前田 敬, 安盛敦雄(旭硝子株式会社 中央研究所, 東京理科大学基礎工学部 材料工学科)

『SiAlON蛍光体分散ガラスの作製』瀬川浩代, 広崎尚登(物質・材料研究機構)<

『熱的に誘起されたEuイオンドープケイ酸塩およびホウ酸塩ガラス中の応力の蛍光スペクトル変化による評価』安盛敦雄, 岩崎謙一郎, 児玉由紀, 田部井大輝(東京理科大学 基礎工学部)

『マイクロ波エマルション法による多孔質CeO2 ZrO2球状粒子の開発』稲田 幹, 林 克郎, 北條純一(九州大学工学研究院)

『Thermal and Mechanical Properties of Y2O3 Stablized ZrO2 Thermal Barrier Coatings』Byung koog Jang, Kouichi Yasuda, Hyung Tae Kim (物質・材料研究機構, 東京工業大学大学院理工学研究科, 韓国セラミックス技術院)

『酸化物セラミックスのスラグ侵食に関する基礎的探査』榎本尚也, 津田秀行, 北條純一, 稲田 幹, 林 克郎(九州大学大学院工学研究院, 黒崎播磨株式会社)

『一方向複含材料の引張強度に関する包括的モデル』小柳 潤(東京理科大学)

2.一般講演

『CIP成形体中の応力分布に関する数値シミュレーション』安回公一, 田中 諭, 内藤牧男(東京工業大学 大学院 理工学研究科, 長岡技術科学大学 大学院 物質工学専攻, 大阪大学 接合科学研究所)

『セシウム除染を目的としたモルデナイトーマグネタイト複含材料の試薬を用いた合成』鍛治紀彰, ジョハンエルニ, 松枝直人, 板垣吉晃, 青野宏通(愛媛大学理工学研究科, 愛媛大学農学部)

『交流磁場焼灼療法のための逆共沈法を用いたナノサイズのマグネタイト粉末の含成条件』長町泰雅, 永島純平, 板垣吉晃, 猶原 隆, 青野宏通(愛媛大学大学院理工学研究科, 愛媛大学工学部機能材料工学科)

『フォトルミネセンスによる無機国体におけるイオン注入で誘起された構造変化の分析』黒田康裕, 森本貴明, 大木義路(早稲田大学 先進理工学研究科 電気・情報生命専攻, 早稲田大学 各務記念材料技術研究所)

『Agを部分置換したNa型ゼオライトの熱処理による非品質化と蛍光特性』金山恵亮, ジョハンエルニ, 機枝直人, 板垣吉晃, 青野宏通(愛媛大学大学院理工学研究科, 愛媛大学農学部)



(26)第4回バルクセラミックス若手セミナー
4th Bulk Ceramics Young Seminar
(東工大応セラ研国内ワークショップ:セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2015年9月23日(水)- 25日(金)
開催時間:     13時から   12時まで
開催場所: グランドホテル 六甲スカイビラ

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
     日本学術振興会第124委員会
東工大応セラ研国内ワークショップ セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: ガラス,耐火物,陶磁器,バイオセラミックス,エンジニアリングセラミックス,粉体プロセスで作られる機能性セラミックスなどのバルクセラミックスの研究開発をしている学生や若手研究者の切磋琢磨の場として,本セミナーを開催致します.今回は,研究開発の第一線でご活躍の企業の研究者による特別講演,そして,セラミックス大学の講師経験者の基礎講義の他に,このセミナーの最大の特徴であるフリートークを企画しています.これは.若手の参加者の内,希望者に自分の研究内容を話してもらって,それをみんなで議論するというものです. 盛りだくさんの内容ですが、このセミナーの中で、多くのことを学び,また,同世代のネットワークを作ってもらえればと思っています.今回の参加者37名

プログラム(敬称略):

1. 特別講演

『ペロブスカイト型酸化物による膜式酸素製造技術の開発』 永井 徹(新日鐵住金)

2. 基礎講義

『微粉末合成』亀島欣一(岡山大)

『分散剤を用いたスラリー調整とその評価手法』 武田真一(武田コロイドテクノ・コンサルティング)

『成形と焼結』 篠原伸広(旭硝子)

『粉体・焼結体構造評価』 田中 諭(長岡技科大)

『配向性アルミナ焼結体の開発』 大西宏司(ニッカトー) 

『熱低温接合による金属基板へのセラミックス積層』 小野木伯薫(住友電気工業)

『ジルコニア系材料の歯科応用』 中村隆志(阪大)

『ナノ粒子表面設計によるポリマーコンポジット材料の機能制御』 飯島志行 (横浜国大)

『チタニア系ハイブリッド材料』 関野 徹(阪大)

『窒化ケイ素セラミックスとその機械的性質の評価』 多々見純一(横浜国大)

『回転機械へのセラミックスの応用展開』 河島 巌(神戸製鋼所)

3.フリートーク

『セラミックスの製造で発生する疑問点』各務祐気(アスザック)

『高濃度シリカスラリー中の粒子運動』永澤嘉浩(長岡技科大)

『顆粒充填構造が焼結工程中に及ぼす内部構造への影響』本堂剛(長岡技科大)

『アルミナ多孔質材料の構造観察と機械的特性』加美川晴信(長岡技科大) 

『ジルコニアセラミックスの内部構造におよぼす原料顆粒の影響』モハメドザムザム(長岡技科大) 
 
『磁場配向法によるアルカリニオブ酸系強誘電体の配向』小野悠綺(長岡技科大)
 
『グラフェン被覆によるβ-Si3N4粒子への巨大磁化率異方性付与に基づく低磁場配向』高橋 拓実 (神奈川科学技術アカデミー)
 
『溶融Al接触に伴うSi3N4セラミックス表面近傍の劣化のマイクロカンチレバー法による評価』藤田 紗帆(横浜国大) 
 
『窒化ケイ素セラミックスの電気的特性に及ぼすYb2O3の影響』河合 大介 (横浜国大)
 

   
(25) 2015年日本セラミックス協会秋季シンポジウム『応力・ひずみの観点からみるバルクセラミックスの材料プロセスと機能発現・信頼性の向上』オーガナイズドセッション および 粉体プロセスセッションとの合同セッション『応力・ひずみ * 粉体プロセス →多孔体の機能発現と信頼性向上』

開催日   2015年9月16日から18日
開催場所  富山大

オーガナイザー: 安田公一(東工大),安盛敦勇(東理大),田中諭(長岡技科大),宇尾基弘(東京医歯大),榎本尚也(九大),打越哲郎(物材機構)

合同セッションオーガナイザー 多々見純一(横浜国大),田中諭(長岡技科大)

開催内容: 以下の招待講演14件の他に,一般講演11件を実施した.

招待講演

招待講演
1.『ガラス製品の信頼性とその評価法』
    秋葉周作(旭硝子)
2.『三次元積層造形による高機能材料開発の現状と展望』
    京極秀樹(近畿大)
3.『全固体リチウム二次電池開発における機械的特性の重要性』
    作田 敦(産総研)
4.『セラミックス薄膜における応力・歪みの重要性』
    篠崎和夫(東工大)
5.『X線マイクロCTを用いた造粒粒子ピストン圧縮成型過程の計測』
    鈴木道隆(兵庫県立大)
6.『マシナブルマイカ複合ジルコニアセラミックスの高強度化』
    樽田誠一(信州大)
7.『圧子圧入法をもちいた機能性材料の構造変化に関連した材料物性の精密測定』
    武藤浩行(豊橋技科大)
8.『超音波照射により水溶液中で生成したチタン酸バリウムナノ粒子の特性』
    安井久一(産総研)

合同セッション招待講演
1.『連通気孔を有した炭酸アパタイト骨補填材の創製と特性評価』
   都留寛治(九大)
2.『セラミック多孔体特性と微構造の影響』
   本多沢雄(名工大)
3.『ゲル化凍結法による高強度・高気孔率多孔体の作成』
   吉澤友一(産総研)
4.『無機系断熱材における応力・ひずみに関する課題』
   佐藤 清(ニチアス)
5.『固体酸化物形燃料電池用部材の開発』
   高橋洋佑(ノリタケカンパニー)
6.『アモルファス、結晶粒子のミクロスケールの焼結力学』
   若井史博(東工大)


(24)第14回 バルクセラミックス研究会
The 14h workshop on bulk ceramics
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2015年6月6日(土)
開催時間: 13:00〜17:15
開催場所: 東工大大岡山キャンパス南7号館

主催: 日本セラミックス協会 次世代バルクセラミックス基盤技術研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
日本学術振興会第124委員会
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.招待講演は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者20名(4企業,1国研,7大学)

招待講演(敬称略):

1.『自動車用エンジンの冷却損失低減と燃焼改善に関する課題』
   小酒英範(東工大)

2.『超低摩擦エンジンへの高熱伝導修道部材の実証的適用研究 - 窒化ケイ素等高熱田土応新規材料のエンジン部品への応用 -』
   宗像文男(東京都市大)

3.『ガスタービン用耐熱・耐食性酸化物コティングの作製と熱・機械的特性』
   張 炳國(物質・材料研究機構)

4.『自己治癒セラミックスの現状と今度の研究計画』
   中尾 航(横浜国大)

その他『昨年度の将来戦略懇談会のまとめ』 安田公一(東工大)


(23)第13回 バルクセラミックス研究会
The 13th workshop on bulk ceramics

開催日: 2015年3月18日(水)
開催時間:  10:00〜12:00
開催場所:  岡山大津島キャンパス A会場

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックス研究会

協賛: 日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,日本学術振興会第124委員会,

開催内容: 日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,バルクセラミックス研究会を行った.参加者約40名(13企業,4国研,7大学)

招待講演(敬称略):

1. 『マクロ細孔をもつゼオライトバルク体のガス分離挙動』亀島欣一・猪木栄作・佐々木彩香・西本俊介・三宅通博 (岡山大)

2. 『凍結乾燥法により作製したバルクセラミックス多孔体の組織制御技術』福島学(産総研)・柿本健一(名工大)・吉澤友一(産総研)

3.『エアロゾルデポジション法による緻密質 Y2O3膜の応用』清原正勝 (TOTO)



(22)第12回 バルクセラミックス研究会(第5回セラミックスエンジニアリングワークショップ)
The 12th workshop on bulk ceramics

開催日: 2014年11月7日(金)〜8日(土)
開催場所:  ハイパーリゾート ヴィラ塩江

主催団体名: バルクセラミックス研究会,日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会

開催内容:  バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.尚,今回は,エンジニアリングセラミックス部会のセラミックスエンジニアリングワークショップとの共催で実施した. 参加者17名(4企業,2国研,6大学)

話題提供(敬称略):

1.『粒界を利用したセラミックスの電気抵抗制御』楠瀬尚史(香川大学)

2.『フィラー充填を制御した放熱シートの高熱伝導化』林 裕之・林 蓮貞(株式会社KRI)

3,『透明蛍光サイアロンバルク体の作製』多々見純一・佐野由紀・田中健大・飯島志行(横浜国立大学),高橋拓実(神奈川科学技術アカデミー),横内正洋(神奈川県産業技術センター)

4.『機械的手法によるリチウムイオン電池用正極粉体の直接合成』小澤隆弘・中村衣利・松岡光昭・近藤 光・内藤牧男(大阪大学)

5.『エアロゾルデポジション法による耐プラズマ性部材の開発』清原正勝(TOTO梶j

6.『Thermal Properties and Fabrication of ZrO2 Based Composites for Thermal Barrier Coatings Application』 張 炳國((独)物質・材料研究機構)

7.『粘性焼結におけるガラス粒の収縮挙動予測のための焼結力の有限要素解析』桂 浩太・篠田 豊・赤津 隆・若井史博(東京工業大学)

8.『水熱ホットプレスによる多孔体の作製と物性評価』柳澤和道(高知大学)

9.『粘性体に基づくセラミックス積層材の焼結過程での応力評価モデル』安田公一(東京工業大学),中山忠親・田中 諭(長岡技術科学大学)

10.『配向成形体の焼結時の配向構造発達挙動』田中 諭(長岡技術科学大学)

11.『配向制御した炭化ケイ素における特性の方位依存性』鈴木 達・西村聡之・打越哲郎・目 義雄((独)物質・材料研究機構)

12. 『電気泳動堆積法により形成した粒子堆積膜の乾燥割れを防ぐ2,3のアイデア』打越哲郎・鈴木 達((独)物質・材料研究機構)


(21)第3回バルクセラミックス若手セミナー
Bulk Ceramics Young Seminar
(東工大応セラ研国内ワークショップ:セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2014年9月23日(火)-25(木)
開催時間:   13時から     12時まで
開催場所: 越後湯沢 湯沢東映ホテル

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
     日本学術振興会第124委員会
東工大応セラ研国内ワークショップ セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: ガラス,耐火物,陶磁器,バイオセラミックス,エンジニアリングセラミックス,粉体プロセスで作られる機能性セラミックスなどのバルクセラミックスの研究開発をしている学生や若手研究者の切磋琢磨の場として,本セミナーを開催致します.今回は,研究開発の第一線でご活躍の企業の研究者による特別講演,そして,セラミックス大学の講師経験者の基礎講義の他に,このセミナーの最大の特徴であるフリートークを企画しています.これは.若手の参加者の内,希望者に自分の研究内容を話してもらって,それをみんなで議論するというものです. 盛りだくさんの内容ですが、このセミナーの中で、多くのことを学び,また,同世代のネットワークを作ってもらえればと思っています.今回の参加者30名

プログラム(敬称略):

1. 特別講演『粉体プロセシングによるセラミックスの製造とキャラクタリゼーション』 篠原伸宏(旭硝子)

2. 基礎講義およびミニ講義

『微粒子の表面設計と分散』飯島志行(横国大) 

『成形プロセスと乾燥』 田中諭(長岡技科大)

『30年間研究を続けた高熱伝導性窒化物セラミックスの研究』 渡利広司(産総研)

『セラミックス系蛍光体の合成と特性評価』 山田鈴弥(電気化学工業)

『液相焼結』 多々見純一(横国大) 

『ファインセラミックスに関するISO規格制定の前線』 阪口修司(産総研)

『応力拡大係数と破壊靱性』 安田公一(東工大)

3.フリートーク

『直接観察法を用いたスラリー中の粒子の流動性評価』永澤嘉浩(長岡技科大)

『機械的処理によるSi-Y2O3-Al2O3複合粒子を用いたSi3N4セラミックスの作製』鄭 珍光(横国大)

『X線CTを使用したアルミナ焼結中の連続的構造変化の観察』本堂剛(長岡技科大)

『Euドープソーダ石灰ガラスの蛍光特性に及ぼす残留応力の影響』田部井大輝(東京理科大)

『高熱伝導率c軸配向窒化ケイ素セラミックスの作製』高橋拓実(KAST)

『焼結条件が結晶配向ニオブ酸ストロンチウムバリウムの微構造におよぼす影響』田中智則(長岡技科大)


   
(20) 2014年日本セラミックス協会秋季シンポジウム『応力・ひずみの観点からみるバルクセラミックスの材料プロセスと機能発現・信頼性の向上』オーガナイズドセッション

開催日   2014年9月9日から11日
開催場所  鹿児島大

オーガナイザー: 安田公一(東工大),安盛敦勇(東理大),田中諭(長岡技科大),長田晃(三菱マテリアル),宇尾基弘(東京医歯大)

開催内容: 以下の招待講演11件の他に,一般講演18件を実施した.

招待講演

1. 『切削工具用途のセラミックコーティングにおける残留応力が及ぼすコーティング特性への影響』 福永 有三(日立ツール)

2. 『セラミックス微小領域における応力テンソル実測と特性相関』田中 俊一郎(東北大)

3. 『マイクロ波誘電体の内部歪と特性』大里 齊(名古屋産業科学研究所)

4. 『硬脆材料の切断技術』留井 直子(三星ダイヤモンド工業)

5. 『ガラスの内部応力と評価方法』 折原 芳男(折原製作所)

6.『インデンテーション法による各種材料の力学特性評価 ー緻密体、多孔体、薄膜ー』 武藤 浩行(豊橋技科大)

7.『デンタルバイオマテリアルの開発とそのキャラクタリゼーション』谷本 安浩(日大)

8.『多成分セラミックススラリー中の粒子分散度・混合度・分散安定性の区別とその評価』武田 真一(武田コロイドテクノ・コンサルティング)

9. 『粉体シミュレーションによる圧縮成型とセラミックシート乾燥過程で作用する応力の解析』 日高 重助(同志社大)

10. 『配向性セラミックスにおける内部応力制御』 鈴木達 (物材機構)

11. 『メタル・セラミックス界面の密着強度に及ぼす構造寸法の効果 -機械工学で診る微小界面構造のナノテクシンドローム-』 神谷 庄司 (名工大)


(19)第4回 バルクセラミックス将来戦略懇談会
The 4th informal meeting on future strategy of bulk ceramics

開催日: 2014年8月23日(土)
開催時間:  13:00~17:00
開催場所: 東京理科大金町キャンパス

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会


開催内容: 企業,国研,大学の研究者にお集まり頂いて,バルクセラミックスの将来戦略について討論をする.参加者約11名(2企業,2国研,5大学)



(18)第3回 バルクセラミックス将来戦略懇談会
The 3rd informal meeting on future strategy of bulk ceramics

開催日: 2014年7月21日(火)-22日(水)
開催時間:  13:00〜   ~12:00
開催場所: 物質材料研究機構・筑波山ホテル青木屋

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会


開催内容: 企業,国研,大学の研究者に招待講演をお願いして,バルクセラミックスの将来戦略について討論をする.参加者約13名(1企業,2国研,5大学)

招待講演(敬称略,仮題も含む):

1. 『第2回バルクセラミックス将来戦略懇談会の概要報告』 安田公一(東工大)

2. 『ISO TC206における各国のセラミックス戦略とその動向』 阪口修司(産総研)

3. 『先進組織制御技術から生み出される新しいセラミックス製品のポテンシャル』 目 義雄(物材機構)

4. 『強磁場プロセスを用いたセラミックスの3次元組織制御の課題』 鈴木達(物質材料研究機構)

5. 『多孔性熱遮蔽コーティングの応用製品の新展開』 張 炳國(物材機構)

6. 『窒化ケイ素製マイクロガスタービンが実現する未来社会』 多々見純一(横国大)

7. 『自己治癒性セラミックスが拓く新しい社会基盤』 中尾 航(横国大)

8. 『窒化ケイ素は,どこまで高温に耐えうるか?』 西村聡之(物材機構)

9. 『企業から国研・大学へ期待すること』 山田鈴弥(電気化学工業)

11. 『ガラス,セラミックスの加工技術の低コスト化への提言』 安盛敦雄(東理大)

12. 『セラミックスの焼結・熱処理技術のフロンティア』 森田孝治(物材機構)

13. 『技学を基礎にした1GPa超の高強度アルミナセラミックスの開発』 田中 諭(長岡技科大)

14. 『窒化物系新規化合物による新しい物性発現の可能性』 小林亮太(東京都市大)


(17)第11回 バルクセラミックス研究会
The 11h workshop on bulk ceramics
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2014年5月31日(土)
開催時間: 13:00〜17:00
開催場所: 東工大大岡山キャンパス南7号館

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
日本学術振興会第124委員会
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.招待講演は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者約20名(2企業,2国研,5大学)

招待講演(敬称略):

1. 『ガラスの構造および機械加工性に及ぼす遷移金属イオンの影響』 安盛敦雄(東京理科大)

2. 『焼結の最終および中間段階における緻密化挙動のモデル解析』 金 炳男(物材機構)



(16)第2回 バルクセラミックス将来戦略懇談会
The 2nd informal meeting on future strategy of bulk ceramics
(第1回超インターセラミックス研究会を兼ねる)
開催日: 2014年3月21日(金)-22日(土)
開催時間:  13:00〜   ~12:00
開催場所: ホテルニューオータニ長岡

主催:  技学を基礎にした超インターセラミックス研究開発拠点

共催:  日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会


開催内容: 企業,国研,大学の研究者に招待講演をお願いして,バルクセラミックスの将来戦略について討論をする.参加者約14名(4企業,2国研,2大学)

基調講演(敬称略,仮題も含む):

1. 『技学を基礎にした次世代を見越したセラミックス技術開発の展望』 新原皓一(長岡技科大)

招待講演(敬称略,仮題も含む):

1. 『ISO TC206(ファインセラミックス)の活動とこれからの先取り戦略』 阪口修司(産総研中部センター)

2. 『アルミナセラミックスの組織制御による新しい材料の可能性』 大西宏司(ニッカトー)

3. 『強磁場プロセスを用いたセラミックスの組織制御の可能性』 鈴木達(物質材料研究機構)

4. 『セラミックス製造における生産性向上のための今後の課題』 篠崎泰夫(旭硝子)

5. 『構造セラの太陽熱発電用途への展開可能性』 近藤直樹(産総研中部センター)

6. 『粉体プロセスにおけるこれまでの進歩と今後の課題』 篠原伸広(旭硝子)

7. 『セラミックス蛍光体の将来展望と応用』 山田鈴弥(電気化学工業)

8. 『水を含んだ蛍光体に関する研究』 黒木雄一郎(長岡技科大)

9. 『高温セラミックスとして多孔性熱遮蔽コーティングについて』 張 炳國(物質材料研究機構)

10. 『ナノ秒パルス放電法によるセラミックスの組織設計』 中山忠親(長岡技科大)

11. 『電磁プロセスによるセラミックスの新しい機能性発現』 末松久幸(長岡技科大)

12. 『微視的破壊過程から考え直すセラミックスの高靱化の可能性』 安田公一(東工大)

13. 『技学を基礎にした超インターセラミックスの研究 開発拠点形成』 田中 諭(長岡技科大)



(15)第10回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会
The 10th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2014年3月17日(月)
開催時間: 10:00〜12:00
開催場所: 慶応大日吉キャンパス K会場

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

協賛:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,日本学術振興会第124委員会,

開催内容:   日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会を行った.参加者約40名(10企業,2国研,5大学)

プログラム(敬称略):

1. 『信頼性・生産性向上を目指した分散・凝集評価法の現状と将来』 武田真一(武田コロイドテクノ・コンサルティング(株))

2. 『バルクセラミックスの配向組織制御』  鈴木 達(物質・材料研究機構)

3.『スピノーダル相分離によるSnO2-TiO22元系複合材料の微構造制御と物性』  関野 徹(東北大学)




(14)第9回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会(第4回セラミックスエンジニアリングワークショップ)
The 9th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics
開催日: 2013年11月30日(土)
開催時間: 13:00〜16:45
開催場所: 東工大大岡山キャンパス南7号館

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会<

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
     日本学術振興会第124委員会
     セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックス
     に関するワークショップ


開催内容: バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者約28名(5企業,1国研,8大学)

プログラム(敬称略):
1.有限要素法を用いたナノインデンテーション挙動の数値解析(東工大)赤津 隆

2.ガラスの押し込み変形のその場観察         (滋賀県立大)吉田 智

3.圧子圧入試験による力学物性評価法と実例紹介    (豊橋技科大)武藤浩行

4.IF法の破壊抵抗とSEPB法の破壊靱性の相関について (産総研)宮崎広行

5.窒化ケイ素への球圧子押し込み試験の適用      (横国大)多々見純一

6.IF法計算式の基本論文を読み直してみると      (東工大)安田公一



(13) 2013年日本セラミックス協会秋季シンポジウム『応力・ひずみの観点からみるバルクセラミックスの材料プロセスと機能発現・信頼性の向上』オーガナイズドセッション

開催日   2013年9月4日から6日
開催場所  信州大

オーガナイザー: 安田公一(東工大),安盛敦勇(東理大),田中諭(長岡技科大),長田晃(三菱マテリアル),宇尾基弘(東京医歯大)

開催内容: 以下の招待講演8件の他に,一般講演11件を実施した.

招待講演

1. 『セラミック被覆超硬合金工具と被膜の残留応力』 山縣一夫(住友電工ハードメタル(株))

2. 『イオン化PVD 法で形成した硬質窒化物皮膜の応力制御と切削工具への応用』山本兼司(神戸製鋼所)

3. 『ガラスのナノ構造と変形・破壊』伊藤節郎(東工大)

4. 『物理強化ガラスの破損事故解析-倍強度ガラスの自爆事例を基に-』増田優子(東京都立産業技術研究センター)

5. 『圧子圧入(IF)方によるセラミックスの破壊抵抗試験法の国際標準化に向けた取り組み』 宮崎広行,吉澤友一(産総研)

6.『多孔質セラミックス気体軸受の現状と信頼性向上に向けて』 伊勢智彦(兵庫県立大),河島巌(神戸製鋼所)

7.『エアロゾルデポジション法によるセラミックス膜形成技術』岩澤順一(TOTO)

8.『EPD積層法による構造用セラミックスの残留応力制御』打越哲郎.鈴木達(物材機構)



(12)第2回バルクセラミックス若手セミナー
Bulk Ceramics Young Seminar
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2013年8月27日(火)-29(木)
開催時間: 
開催場所: 箱根 国民宿舎 箱根太陽山荘

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
     日本学術振興会第124委員会
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: ガラス,耐火物,陶磁器,バイオセラミックス,エンジニアリングセラミックス,粉体プロセスで作られる機能性セラミックスなどのバルクセラミックスの研究開発をしている学生や若手研究者の切磋琢磨の場として,本セミナーを開催致します.今回は,研究開発の第一線でご活躍の企業の研究者による特別講演,そして,セラミックス大学の講師経験者の基礎講義の他に,このセミナーの最大の特徴であるフリートークを企画しています.これは.若手の参加者の内,希望者に自分の研究内容を話してもらって,それをみんなで議論するというものです. 盛りだくさんの内容ですが、このセミナーの中で、多くのことを学び,また,同世代のネットワークを作ってもらえればと思っています.今回は参加者21名

プログラム(敬称略):

1. 特別講演『セラミックスのプロセス開発と応用』 大西宏司(ニッカトー)

2. 基礎講義およびミニ講義

『セラミックスのコロイドプロセス 』打越哲朗(物材機構) 

『セラミックスの粒界と機械的特性』 大司達樹(産総研)

『セラミックス製造プロセスの問題点の可視化』 田中論(長岡技科大)

『マスターシンタリングカーブの作り方と使い方』 多々見純一(横国大)

『線型代数の基礎 像と核』 安田公一(東工大) 

3.フリートーク

『セラミックス自己治癒材料の力学的特性』丸岡大佑(横国大)

『軸受用高強度Si3N4セラミックスの作製』高橋拓実(神奈川科学技術アカデミー)

『カーボンナノチューブ強化アルミナセラミックスの開発- CNTs/アルミナ複合体の微構造と破壊靭性-』植田直樹(信州大)

『CNTの凝集制御によるAl2O3基複合材料の高強度・高導電率化』松岡光昭(横国大)

『ソーダ石灰ガラスの機械加工性に及ぼす遷移金属酸化物の影響』江間紀之(東京理科大)

『(Bi0.5,Na0.5)1-xTio3-BaxTio3の結晶配向制御と特性評価』佐野啓祐(長岡技科大)

『高濃度単分散スラリー中の粒子運動解析』永澤嘉浩(長岡技科大)

『超微小試験片を用いたSi3N4セラミックスの機械的特性評価』片山正己(横浜国大)



   
(11)第8回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会
The 8th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2013年5月25日(土)
開催時間: 13:00〜16:30
開催場所: 東工大大岡山キャンパス南7号館

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者約28名(5企業,1国研,8大学)

プログラム(敬称略):
1. 『溶液からの微粒子合成に関わる「信頼性」』 榎本尚也(九大)

2. 『燃焼合成法に基づくサイアロンの合成』 中津川 勲((株)燃焼合成)

3.『非脆性セラミックス-セラミックスタービンブレードを目指して』 中尾航(横国大)





(10)第7回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会(ハイブリッド材料の新機能性とバルクセラミックスの高信頼性に関するクロスオーバー講演会)
The 7th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2013年3月17日(日)
開催時間: 10:00〜12:00
開催場所: 東工大大岡山キャンパス E会場

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会,ハイブリッド材料科学研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,

開催内容:   日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,ハイブリッド材料科学研究会とバルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会の合同講演会を行った.参加者約70名(15企業,2国研,10大学)

プログラム(敬称略):

1. 『ハイブリッド材料の内部構造制御法としての電場利用』 中山忠親(長岡技科大)

2. 『複合材料のナノ・ミクロ構造デザインによる高機能化』 武藤浩行(豊橋技科大)

3.『IF法による破壊靱性値の測定誤差とその低減方法』 宮崎広行(産総研)

4. 『多孔性セラミック気体軸受けの研究事例と性能向上のための課題』 河島巌(神戸製鋼所)



(9)第6回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会(第3回セラミックスエンジニアリングワークショップ)
The 6th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2012年12月6日(木)〜7日(金)
開催場所: ニューウェルシティ湯河原

主催団体名: バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会,日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会

開催内容:  バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.尚,今回は,エンジニアリングセラミックス部会のセラミックスエンジニアリングワークショップとの共催で実施した. 参加者21名(6企業,2国研,4大学)

話題提供(敬称略):

1.『SiCウエハ作製技術 SiC HT-CVD法における部材への高融点炭化物部材の応用検討』久野裕也,徳田雄一郎,原一郎,恩田正一(技術研究組合次世代パワーエレクトロニクス研究開発機構,デンソー)

2.『高ジルコニア質電鋳耐火物の高温きれつ進展挙動』前野裕史,篠崎泰夫,戸村信雄(旭硝子)

3,『フェーズフィールド法/個別要素法連成による焼結シミュレーション』品川一成(香川大)

4.『ミクローマクロスケールでの粘性焼結の力学』若井史博(東工大)

5.『セラミックスの微構造制御と機械的特性』大司達樹(産総研)

6.『高倍率観察によるIF法を用いたセラミックスの破壊靱性測定』 宮崎広行,吉沢友一(産総研)

7.『マイクロx線CTによるセラミックスの成形体お呼び焼結体中の欠陥観察』田中論(長岡技科大)

8.『強磁場を用いたセラミックスの配向制御と配向積層体の作製』鈴木達,打越哲朗,目義男(物材機構)

9.『ナノNi分散Al2O3複合材料のきれつ治癒効果に与えるNi分散量の影響』丸岡大佑,南口誠(長岡技科大)

10.『カーボンナノチューブの分散凝集制御によるネットワーク構造の形成ーCNTーAl203複合材料の作製ー』松岡光昭,多々見純一,脇原徹(横浜国大)

11.『超微小試験片を用いたSi3N4セラミックスの粒界破壊靱性評価』多々見純一,片山正已,米屋勝利,脇原徹(横国大),矢矧束穂(神奈川科学技術アカデミー),堀内崇弘,横内政洋(神奈川県産業技術センター),安田公一(東工大)




(8) 2012年日本セラミックス協会秋季シンポジウム『応力・ひずみの観点からみる材料プロセスと機能発現』オーガナイズドセッション

開催日   2012年9月19日から21日
開催場所  名古屋大

オーガナイザー: 安田公一(東工大),安盛敦勇(東理大),田中諭(長岡技科大),篠葺a夫(東工大)

開催内容: 以下の招待講演6件の他に,一般講演31件を実施した.

招待講演

1. 『メディアを用いたセラミックス粉体の粉砕と分散』 大西宏司(ニッカトー)

2. 『粒界機構としてのセラミックスの高温変形ー安定化ジルコニアを例にしてー』 岡本泰則(京都工繊大)

3. 『ビッカースインデンテーションによる強化ガラスのクラック発生挙動』 小池章夫雄(旭硝子)

4. 『セラミックスにおける低温高速超組成の可能性』 平賀啓二郎(北見工大)

5. 『ゲルキャスティング法で見られる不均質成形体の原因』 藤正督(名工大)

6.『圧子押し込み試験におけるガラスの変形と破壊』 吉田智(滋賀県立大)




(7)バルクセラミックス若手セミナー
Bulk Ceramics Young Seminar
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2012年8月27日(月)-29(水)
開催時間: 
開催場所: 奥多摩 国民宿舎 鳩ノ巣荘

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
     日本学術振興会第124委員会
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: ガラス,耐火物,陶磁器,バイオセラミックス,エンジニアリングセラミックス,粉体プロセスで作られる機能性セラミックスなどのバルクセラミックスの研究開発をしている学生や若手研究者の切磋琢磨の場として,本セミナーを開催致します.今回は,研究開発の第一線でご活躍の企業の研究者による特別講演,そして,セラミックス大学の講師経験者の基礎講義の他に,このセミナーの最大の特徴であるフリートークを企画しています.これは.若手の参加者の内,希望者に自分の研究内容を話してもらって,それをみんなで議論するというものです. 盛りだくさんの内容ですが、このセミナーの中で、多くのことを学び,また,同世代のネットワークを作ってもらえればと思っています.今回,初回ながらも参加者22名

プログラム(敬称略):

1. 特別講演『セラミックスの材料設計と応用』 飯尾 聡(日本特殊陶業)

2. 基礎講義 

『粉末X線回折の基礎』田中 諭(長岡技科大) 

『セラミックスの粉体,スラリー,成形』 田中 諭(長岡技科大)

『3成分系状態図の読み方』 多々見純一(横浜国大)

『セラミックス緻密体・多孔体作製のための焼結プロセス』 多々見純一(横浜国大)

『解析力学におけるラグランジュ方程式を使ってみよう』 安田公一(東工大) 

『定数係数線型微分方程式の解がどうしてこのような形で表されるのか?』 安田公一(東工大) 

『強度とその分布』 安田公一(東工大) 

3.『フリートーク

『高磁場による配向チタン酸バリウム添加チタン酸ビスマスナトリウムの作製』今井充(長岡技科大田中研M2)

『分散安定化水溶媒スラリーの含浸を用いたC・SiC複合材料の作製』原 豪希(東京理科大向後研M2)

『高強度Si3N4セラミックスの開発』嘉山浩章(横浜国大多々見研M2)

『鉄酸化物バルク体の作製と機械的特性の評価』加茂田貴洋(長岡技科大南口研M1)

『ソーダ石灰ガラスの機械加工性に及ぼす遷移金属酸化物微量添加の影響』江間紀之(東京理科大安盛研M1)

『透光性c軸配向Sr0.6Ba0.4Nb2O6の作製と特性評価』煖エ拓実(長岡技科大田中研D3)

『CNTの分散凝集制御によるネットワーク構造の形成』松岡光昭(横国大多々見研D2)

『ナノNi分散Al2O3ハイブリッドのき裂治癒効果』丸岡大佑(長岡技科大南口研D3)

『Thermal stress estimation of ceramic laminates during sintering』ロ・ハイリン(東工大安田研D3)

『炭素還元窒化法による粗大AlN粒子合成に及ぼす微量添加物の影響』与那城賢(横浜国大多々見研M2)

『超高温域におけるZrB2-SiC-ZrCの酸化メカニズムの解明』新井優太郎(東京理科大向後研M1)

『プレス成形による透光性アルミナの作製と欠陥評価』五井翔太(長岡技科大田中研M2)



   
(6)第5回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会
The 5th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics
(セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップを兼ねる)
開催日: 2012年5月26日(土)
開催時間: 13:00〜16:30
開催場所: 東工大大岡山キャンパス南7号館

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
     日本学術振興会第124委員会
セキュアマテリアル概念に基づく次世代ファインセラミックスに関するワークショップ

開催内容: バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者約28名(11企業,3国研,8大学)

プログラム(敬称略):

1. 『LED発光装置用再アロン蛍光体の開発』 山田鈴弥(電気化学工業)

2. 『高温用窒化ケイ素の組成ー組織-強度の関係』 近藤直樹(産総研)

3.『自動車用サーミスター温度センサー』 光岡健(日本特殊陶業)





(5)第4回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会
The 4th workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2012年3月19日(月)
開催時間: 9:15〜12:00
開催場所: 京都大学吉田キャンパス E会場

主催: 日本セラミックス協会 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

共催:  日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会,
日本学術振興会第124委員会

開催内容:   日本セラミックス協会年会でのサテライトとして,バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による講演会.バルクセラミックスの将来構想についても広く意見を交換したい.参加者約50名(13企業,2国研,8大学)

プログラム(敬称略):

1. 『窒化珪素セラミックスの粒界相低減と工具特性』 光岡 健(日本特殊陶業)

2. 『電気泳動堆積法によるセラミックスの固化成形 ― 何故つく、つかない、EPD -』 打越哲郎(物材機構)

3.『構造用非酸化物セラミックスの物性制御』 楠瀬尚史(香川大学)

4. 『破壊源の観点に立つ信頼性向上へのアプローチ』 植松敬三(長岡技科大)




(4)第3回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会(第2回セラミックスエンジニアリングワークショップ)
The 3rd workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2011年12月17日(土)
開催時間: 13:00〜17:00
開催場所: 横浜国大サテライトキャンパス

主催団体名: バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会,日本セラミックス協会エンジニアリングセラミックス部会

開催内容:  バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.尚,今回は,エンジニアリングセラミックス部会のセラミックスエンジニアリングワークショップとの共催で実施した. 参加者35名(7企業,3国研,7大学)

話題提供(敬称略):
1. 『ナノ金属粒子分散による構造用酸化物セラミックスの自己亀裂修復機能』 南口誠、丸岡大佑(長岡技科大)

2.『電気泳動堆積法を用いた1方向SiCf/SiC複合材料の界面制御プロセス』 吉田克己,青柳祐司,秋元浩幸,矢野豊彦(東工大),小谷政規,小笠原俊夫(JAXA)

3.『非破壊検査のセラミックス部材接合部への適用』 長岡孝明、堀田幹則、北英紀(産総研),志野直行(ステレオファブリック技術研究組合)<

4. 『ナノ複合材料の微構造設計』武藤浩行(豊橋技科大)

5.『歯科用ジルコニアセラミックスの作製と問題点』宇尾基弘(東京医科歯科大)

6. 『IF法による炭化けい素の破壊靱性に関する国内ラウンドロビン試験II』宮崎広行、吉澤友一(産総研)




(3) 日本セラミックス協会秋季シンポジウム『応力・ひずみの観点からみる材料プロセスと機能発現』オーガナイズドセッション

開催日   2011年9月7日から9日
開催場所  北大

オーガナイザー: 安田公一(東工大),安盛敦勇(東理大),田中諭(長岡技科大),篠葺a夫(東工大)

開催内容: 以下の基調講演2件,招待講演7件の他に,一般講演13件を実施した.基調講演は,『先進セラミックスの粉体プロセス科学』(オーガナイザー多々見純一他)および『エンジニアリングセラミックスの科学と技術』(オーガナイザー赤津隆他)との合同セッションの企画として実施した.

●基調講演

1. 『先進セラミックスにおける粉体プロセス科学構築に向けて』 植松敬三(長岡技科大)

2. 『微小領域における力学物性』 逆井基次(豊橋技科大)

●招待講演

1. 『歯や歯科材料が受ける様々な力としか材料開発について』 宇尾基弘(東京医科歯科大)

2. 『圧子押し込みによるガラスのクラック発生と残留応力,高密度化の関係』 加藤嘉成(日本電気硝子)

3. 『C/C複合材料複合材料の引張り強度発現機構』 向後保雄(東理大)

4. 『酸化チタン光触媒薄膜の内部応力と光分解活性』 重里有三(青学大)

5. 『焼結中の金属/セラミックス傾斜粉末積層剤の応力・ひずみ解析』 品川一成(香川大)
6. 『拘束焼結と共焼結に及ぼす粒界滑りの影響』 若井史博(東工大)

7. 『セラミックスにおける種々の損傷の検出・評価』 若山修一(首都大学東京)




(2) 第2回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会
The 2nd workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2011年7月30日(土)
開催時間: 13:00〜17:00
開催場所: 東工大(大岡山)南7号館202講義室

主催団体名: バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

開催内容:  バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による討論の場.話題提供は,一人あたりの持ち時間を30分(発表15分,質疑15分)とするが,質問が出尽くすまで議論を続けるというスタイルで,議論を深めていくようにしている.参加者約25名(5企業,2国研,4大学)

話題提供(敬称略):
1.『CNT分散Si3N4セラミックスの高強度化及び高導電率化』 松岡光昭((横浜国立大学)

2.『ISO・TC206「ファインセラミックス」の国際幹事を担当して』 阪口修司(産業技術総合研究所)

3.『IF法による炭化ケイ素の破壊靱性に関する国内ラウンドロビン試験』 宮崎広行(産業技術総合研究所)

4.『窒化ケイ素系セラミックスの粒界相低減と工具特性』 光岡 健(日本特殊陶業)

5.『液中帯電粒子の電気泳動現象を利用したバルクセラミックス成型』 打越哲郎(物質材料研究機構)




(1) 第1回 バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会
The 1st workshop on innovation of reliability in bulk ceramics

開催日: 2011年3月16日(水)
開催時間: 9:20〜11:30
開催場所: N会場

主催団体名: バルクセラミックスの信頼性革新に関する研究会

開催内容:  バルクセラミックスの製造時の信頼性および稼働時の信頼性についての現状の問題点と最近の進歩について,企業,国研,大学における第1線の研究者による講演会.また,講演の最後には,出席者全員での総合討論を行い,バルクセラミックスの将来構想についても広く意見を集めたい.参加者約40名(6企業,2国研,6大学)

プログラム(敬称略)

  1.『バルクセラミックスのプロセス開発』 大西宏司((株)ニッカトー)

2.『バルクセラミックスの小型・薄型部材としての信頼性』 平尾喜代司(産業技術総合研究所)

3.『バルクセラミックスの製造プロセスと強度信頼性』 田中 諭(長岡技術科学大学)

4.総合討論 司会 安田公一(東工大)



back




トップへ
Copyright 2008 Yasuda Laboratory, all rights reserved.